「農山漁村女性活躍表彰」について

「農山漁村男女活躍表彰」は農林水産業及び農山漁村の活性化、農林水産業経営や政策・方針決定への女性の参画推進、次世代リーダーとなりうる若手女性の農林水産業への参入など女性活躍推進のために優れた活動を行っている個人や団体の方々を表彰し、女性が農山漁村でいきいきと活躍できる環境づくりに資することを目的としています。次の6部門の優れた取り組みについて、表彰します。

女性地域社会参画部門(個人)

農山漁村の女性が中心となった地域の農林水産業の振興及び農山漁村の活性化のための以下の活動等を中長期に渡り積極的に実施している個人の取組。
・地域の雇用の創出や耕作放棄地の解消等、地域の活性化に資する活動
・小学校等での農林漁業体験や伝統料理教室等による食と農林漁業に関する教育活動
・その他、女性が地域社会参画に向けて取り組む諸活動
・農林水産関係組織・団体における役員等への女性登用に積極的
に取り組む活動

女性地域社会参画部門 (組織)

農山漁村の女性が中心となった地域の農林水産業の振興及び農山漁村の活性化のための以下の活動等を中長期に渡り積極的に実施している組織・団体等の取組。
・地域の雇用の創出や耕作放棄地の解消等、地域の活性化に資する活動
・小学校等での農林漁業体験や伝統料理教室等による食と農林漁業に関する教育活動
・その他、女性が地域社会参画に向けて取り組む諸活動
・政策・方針決定過程への参画を推進するため、農林水産関係組織・団体における役員等への女性登用に積極的に取り組む活動
募集対象は、農林水産業に従事している女性が構成員(臨時雇用者を含む。以下同じ。)の概ね半数以上の団体。登用にかかる事案については、農業協同組合、JA女性組織協議会、農業委員会(農地利用最適化推進委員への登用を含む。)、漁業協同組合、森林組合、共済組合、女性組織等の取組。

女性起業・新規事業開拓部門

山漁村の女性が中心となり、女性ならではのアイディア等に基づき地域資源を活用した起業活動や輸出、スマート農林水産業、農福連携等の導入により女性が農林水産業経営に積極的に参画し、女性ならではのアイディア等に基づき新規事業・部門等を設立し概ね5年以内に経営上の成果を上げている取組。
募集対象は、女性の個人又は農林水産業に従事している女性が構成員の概ね半数以上の法人もしくは役員の概ね3割以上が女性の法人。

女性活躍経営体部門

女性を積極的に雇用し、キャリア形成・能力開発に関する取組みや育児・介護などに関する就業規則等を整備し、女性が働きやすい環境整備に取り組むとともに経営方針等に女性が参画し、実践している概ね5年以内の農林水産業を営む経営体の取組。もしくは、家族経営協定の締結をきっかけとして、女性が活躍できる環境を整備し、女性が積極的に経営に参画している概ね5年以内の取組。
募集対象は、女性自らが経営者となり活躍している経営体又は女性役員・従業員が活躍できる環境を整備している経営体。水産分野については、加工事業者を含む。

若手女性チャレンジ部門
募集対象は、農林水産業の振興及び農山漁村の活性化のための活動等を積極的に実施し、かつ、今後地域の農林漁業の発展を担い、リードすることが期待される概ね45歳未満の女性(以下「若手女性」という。)が以下の活動等を実施する概ね5年以内の取組。
なお、団体にあっては、役員等に若手女性が含まれており、かつ、構成員に複数の女性が含まれているものとする。
・他産業で培った知識や経験を活かして取り組む起業や地域活動
・農林水産業の担い手や女性の起業を支援する活動
・これまで女性が携わることの少ない、あるいはなかった経営技術等の習得などによる積極的な経営参画・起業活動
・その他起業、地域活性化に向けて取り組む諸活動
地域子育て支援部門

募集対象は、農林漁業者及び農林漁業団体が自ら行う、又は、農林漁業者及び農林漁業団体が都道府県・市町村・民間団体等と連携し行う、農山漁村の特色・課題を踏まえた地域の子育て支援、児童・学童の健全な育成に資する取組。
・保育所、学童保育、子育て支援広場等の設置・運営
・子ども食堂、フードバンク
・農林漁業体験、環境教育、酪農教育ファーム
・森の教室、森のようちえん等

特別賞「ふるさと未来賞」

上記部門で推薦を受けた中から、農林漁業を通じて、ふるさとの未来を担う地域の子ども達の育成に資する取り組みを選出するものとする。

表彰式は未来農業DAYsにて!

農業の未来を担う若手農業者や女性農業者の優れた取組を表彰、支援し、農業に関心のある方々の革新的なアイディアに対し支援することで、未来農業の中心となる若者・女性の取組等を広く社会に発信することを目的としています。

今回は、基調講演を始め、令和3年度の「農山漁村女性活躍表彰」受賞者の取り組み事例紹介や、第6回目「大地の力コンペ」のファイナルプレゼンテーション、それぞれの表彰式が予定されています。

協賛企業・団体

多くの企業様・団体様のあたたかいご支援・ご協働により活動しています。

公益財団法人 イオンワンパーセントクラブ

イオングループの主要企業が税引前利益の1%相当額を拠出し、「次代を担う青少年の健全な育成」、「諸外国との友好親善の促進」、「地域社会の持続的発展」を3つの柱となる事業として活動しています。

「次代を担う青少年の健全な育成」
環境に関する学習や取り組み事例のチーム発表など、子どもたちが社会的なルールを学びながら環境問題について考える力を育てます。また、教育施設が不足する国々に対して、各国政府やNPOと連携しながら学校建設などを支援します。

「諸外国との友好親善の促進」
学生たちに国際的な文化・人材交流の機会を提供し、相互理解を深めることで日本と諸外国との友好親善を深めます。また、日本への留学生に対する奨学金授与など、国際人の育成を支援します。

「地域社会の持続的発展」
地域に根ざし、次代に引き継ぐべき伝統行事や文化の継承、大規模自然災害により被災した地域の復旧・復興、そしてこれらを担う人材育成などを支援します。

アイアグリ株式会社

プロジェクトの目指すこと

農業女子プロジェクト全体の認知向上。
農業女子プロジェクトメンバーの経営力向上。
プロジェクトの内容

店舗及びネット通販サイト、カタログに農業女子プロジェクトメンバーのアイデアや意見を反映させた農業女子プロジェクトコーナーを設け、農業女子プロジェクトの主旨・目的・商品等を全体的に訴求するとともに、農業者への販売を行う。
農業女子プロジェクトに期待すること

<農業女子>
店頭、サイト、カタログ及び弊社が行う農業支援事業等へのアイデアや意見
<農林水産省>
各参画企業との調整

一般社団法人 全国農協観光協会

プロジェクトの目指すこと

都市住民(20代~40代女性)の方々が気軽に農業体験ができる機会づくりや農業を応援できる環境・システムづくりを農業女子の皆様と一緒に行い、①農業のファンづくり②食と農、地域の魅力に気付いてもらうきっかけづくり③都市農村交流の更なる発展を目指します。
プロジェクトの内容

都市⇔農村の交流を循環させていきます。         
都市部から農村地域:農業体験や援農ボランティア等を通して農業に親しみを持っていただく。              
農村地域から都市部:農業女子の方々に講師になっていただき、セミナーや料理教室を開催し、「食」というテーマから農業や農村地域に興味を持っていただく。
インスタグラム https://www.instagram.com/nougyoujoshitsunagu_pj/?hl=ja
農業女子プロジェクトに期待すること

一緒に農業、農村地域を盛り上げていきたいです!

カネコ総業株式会社

プロジェクトの目指すこと

・アンケートによるニーズ調査
・木柄ラセングリップ、ウィビーグリップを使った鎌鍬(使い易さ、軽さ、デザイン、価格帯の調査)
プロジェクトの内容

・農業女子のリクエストに応じた新商品開発または、商品リニューアル
・農業女子PJロゴ入り商品を開発販売
農業女子プロジェクトに期待すること

・サンプル提供後の情報交換と、SNSによる情報発信

プロジェクトの目指すこと

・全国のカクイチA-SITEにたくさんの『農』に関わる人たちが集い、未来の農業についてリアルとデジタルの力でコミュニケーションを深めて、新しい農業の形を一緒に創生していくことを目指します。
プロジェクトの内容

現在の流通に欠けているのは生産者と消費者の間と考えます。生産者の作物をつくる想いやこだわりを消費者に伝える場が今は欠けている。そこでカクイチマルシェは『語る』マルシェを企画します。
農業女子プロジェクトに期待すること

<農業女子にやっていただきたいこと>
◆マルシェへ参加し作物への思いや食べ方のこだわりを「語る」
◆作物のブランド化
◆横のネットワーク作り(友達)

<農林水産省にやっていただきたいこと>
◆農業女子PJのコンセプトや目的、位置付けを明確にする
◆農業女子の組織化
◆流通がやらないことをする
◆全国作物の融通

<カクイチがやりたいこと>
◆マルシェファンを広げる
◆デジタルコンテンツ支援
◆良い作物農家の組織化
◆情報発信
◆農業女子のブランド化→農業のブランド化

プロジェクトの目指すこと

「農業女子のチカラ」とミズホの「M」のチカラを掛け合せ、天候や気候に左右されない
安定多収・高品質な農作物の生産を実現し、安定的に消費者にご提供します。
プロジェクトの内容

・農業女子の皆さんが、作物栽培における悩みやお困りごとについて、地域毎に講習会を開催し、
 意見を持ち寄りながら、早期課題解決を図ります。

・また、ミズホの「Mリンシステム」を活用した作物栽培を、実際に試していただき、「健康でおい
 しい作物づくり」に挑戦していただきます。

・ミズホとチームを編成し、後進の農業者育成を推進します。

・加えて、H.Pを活用した情報拡散、PR活動推進。
農業女子プロジェクトに期待すること

・本プロジェクトにご賛同いただき、より多くの農業女子メンバーにご参加いただきたいです。

・各県最低1箇所は講習会を実施し、より多くの意見交換を推進していきたい。

・講習会参加者の中から、より多くのトライアル実践者を創出し、実感していただきたい。

オクトリンクは、日本とアルゼンチンを友達の輪で繋げたいという思いを込めて、ラテン語で「8」を意味する接頭語octo-と「繋ぐ」を意味するlinkを併せた造語を会社名にしました。

数字の「8」は〇と〇(人と人の輪=縁)を併せた形に見え、横にすると∞(無限大の記号)にも見えます。つまり、四方八方(あらゆる)人々の輪を繋げて、日本とアルゼンチンの無限大の社会の発展を目指します。