未来農業DAYsがめざすもの

○未来農業DAYs ― 農業の「これまで」と「これから」
「旧態然とした日本農業」「衰退の一途」――そんなことが言われて久しい。 本当にそうでしょうか。
高齢化、過疎化、若者の農業離れなど、大きな危機を乗り越えようと、新陳代謝と進化、そしてイノベーションが繰り広げられています。
その3つの要素は決して自然発生したものではなく、実は脈々と受け継がれてきた農業技術・文化・遺産から生まれました。
未来DAYsは、そんな農業の「これまで」を知り、「これから」を創造するための新しい仕掛けです。

アワード部門
ー農山漁村女性活躍表彰ー

「農山漁村女性活躍表彰」は農林水産業及び農山漁村の活性化、農林水産業経営や政策・方針決定への女性の参画推進、次世代リーダーとなりうる若手女性の農林水産業への参入など女性活躍推進のために優れた活動を行っている個人や団体の方々を表彰し、女性が農山漁村でいきいきと活躍できる環境づくりに資することを目的としています。
6部門の優れた取り組みについて、表彰します。

○女性地域社会参画部門(個人)
○女性地域社会参画部門(組織)
○女性起業・新規事業開拓部門
○女性活躍経営体部門
○若手女性チャレンジ部門
○地域子育て支援部門

未来へつなぐ架け橋
ーあなたと作り手との2つの距離ー

農業とは私たちの生命を形作る基礎となるもの。全ての方々がその大切さを知っています。

最近は生産者と消費者の距離が縮まり、「作り手の顔が見える品」が身近になってきました。
スーパーなどで作り手の写真が載った野菜を選んだり、生産地から直接お取り寄せすることも普通のことに。

そんな「物理的距離」に加え、未来農業DAYsでは「時間的距離」についても考えてみようと思います。

時間的距離とは「未来の農業をつくる若者」との距離のこと。
最近は農業の楽しさが徐々に広がり、志す若者も沢山います。
ただ、技術も販売も拙いひな鳥たちが大きく羽ばたくためには、消費者が直接応援できるような環境がもっと必要です。

未来農業DAYsは、その2つの距離をもっと近く緊密にするために、いろいろな楽しい仕掛けを考えています。

コンペ部門
ー大地の力コンペー

課題多き農業ではありますが、これまでも、そしてこれからも非常に重要であり、大きなパワーと魅力を持った産業であります。その力は現代社会を悩ませる問題を解きほどくことができるかもしれません。そのような、農業の力やそのフィールドを通してさまざまな社会課題の解決を目指す動きを「アグリ+(アグリプラス)」と名付けました。 大地の力コンペは「アグリ+アイデア」を表彰するとともに、未来に向かって大きくはばたくお手伝いをすることを目的とします。 また、未来農業の中心となる若者・女性が活躍できる事業やアイデアにスポットをあてるとともに、異分野からの知恵も取り上げながら農業の裾野を広げることを目指します。

開催日時

2021年3月12日(金)

タイムスケジュール(予定)
11:00 開会式
11:05 基調講演:涌井雅之氏『地球環境の未来と農業』
12:00 コンペ部門:「第5回 大地の力コンペ」 ファイナリストプレゼンテーション
13:15 アワード部門:令和2年度 農山漁村女性活躍表彰 受賞者取組事例紹介
14:10 コンペ部門・アワード部門 表彰式
15:10 総括
15:20 閉会

基調講演 -『地球環境の未来と農業』 涌井 雅之 氏

涌井 雅之 氏

涌井 雅之(史郎)
造園家・ランドスケープアーキテクト

東京都市大学 特別教授
岐阜県立森林文化アカデミー 学長
愛知学院大学 特任教授
なごや環境大学 学長
中部大学・東京農業大学 客員教授
国連生物多様性の10年委員会 委員長代理

公益社団法人 国際観光施設協会 副会長
公益財団法人 日本公園緑地協会 副会長

出身大学 東京農業大学農学部造園学科 (卒業ではありません)

造園・ランドスケープアーキテクトとして「景観十年、風景百年、風土千年」と唱え、人と自然の空間的共存をテーマに多くの作品や計画に携わっている。代表的な仕事には「ハウステンボス」のランドスケーププランニングや「愛地球博」における会場演出総合プロデューサーがあり、その会場計画や記念庭園の監修に携わっている。
今という時代を「農業革命」「産業革命」に次ぐ人類第三の革命「環境革命」の時代と捉え、地球環境問題、とりわけ生態系サービス(生物多様性)を重視した人と自然の共生を目指した持続的未来に向けた戦略的方向を探りつつ、「地球は限りある囲われたエデン」であると説く。

著書 「景観創造のデザインデベロップメント」(綜合ユニコム)
「景観からみた日本の心」(NHK出版)
「奇跡と希望の松~なぜ一本の松だけが生き残ったのか」(創英社)
「いなしの智恵~日本社会は「自然と寄り添い」発展する」(ベスト新書)

受賞歴  東京農業大学「造園大賞」、日本造園学会「日本造園学会賞」、
日本造園修景協会「下山奨励賞」、佐藤国際交流賞、国土交通大臣表彰 黄綬褒章

現在出演番組
TBS「サンデーモーニング」コメンテーター(日曜日8:00~10:00)

開催方法と事前登録のご案内

はじめに

新型コロナウィルスの影響を受け、未来農業DAYs2021はオンラインでの開催となりました。
オンラインでのご視聴には事前登録が必要です。
ご参加の皆様にはご不便をおかけしますが、下記の方法をご参考にしてご登録をお願いいたします。

ご視聴にあたって
  • 未来農業DAYs2021は、ZoomによるリアルタイムWeb配信にて開催します。
  • 参加者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
  • システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信はできませんので、予めご了承ください。
    なお、音声、画像は参加者でご調整ください。また、ZOOM利用にあたってのサポートは致しかねます。
  • 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
ご準備いただくもの
  • Zoomウェビナーに接続可能なパソコンおよびスマートフォン
  • Zoomの接続環境は、パソコン、有線又はWi-Fiのインターネット環境を推奨いたします。
    長時間となりますので、バッテリーや通信量にご注意ください。
    ※特にスマートフォンでご観覧される方は、通信量が大きくなりますので、Wi-Fiでの接続をお勧めします。
  • そのほか接続条件についてはZoomのウェブページをご覧ください。システム要件

事前登録と視聴方法

1.Zoomウェビナー視聴登録ページへアクセス
2.メールアドレス・氏名を登録

3.案内メールが届きます。

4.Zoomアプリをインストール(推奨)

初めてZoomをご使用になる場合はZoomアプリのインストールを推奨します。
案内メールのリンクをクリックし、インストール手順に従ってください。

5.[当日]案内メールに掲載しているリンクへアクセスし、視聴を開始してください。

後援

特別協賛

未来農業DAYs実行委員会